荻窪にある学習塾本多セミナー TEL:03-3398-8330

2017年高校入試結果

”サクラサク"

2017年高校入試結果

在籍者4名 全員第一志望合格!

M.T.君(3年) 都立武蔵丘高校
O.K.さん(1年半) 都立井草高校
N.T.さん(11か月) 都立農業高校
K.R.君(1年半) 都立井草高校

※()内は通塾期間です。

塾長所感

本年度の塾生は4名 全員都立第一志望で、全員合格しました。本年度、私(塾長)は中3生を担当しませんでしたので、中心になって指導しました数学担当の赤塚先生にコメントをお願いしました。


●全員第1志望の都立高校に合格

今年度の中学3年生の生徒数は4人で、4人とも無事に第1志望の都立高校に入学することができました。今年度も少人数制授業の強みを生かし、一人ひとりに合ったきめ細かい指導を行い、全員第1志望校合格を達成することができました。合格した全ての生徒とそのご家族の喜ぶ姿を見られて、塾スタッフ全員が大変嬉しい気持ちになりました。入試の前日の夜まで塾に通い、必死で頑張ってきた生徒の皆さんに、改めてこの場で心からお祝いを申し上げ、この成功体験を基に、高校生になっても自信を持って次の目標に向かい頑張っていただきたいと思います。

●おとなしいタイプが多かったが意志強固で受験に有利に作用

なぜか毎年その学年に共通する特徴がありますが、今年度の中3生は全体的に口数が少なく、おとなしいタイプが多かったです。しかし、物事を冷静に客観的に観察しており、自分の得意不得意をよく理解していて、意志が強く好みがはっきりしていました。したがって、中学時代の早期に都立志望が決まっており、目標を持って必要な受験勉強をしてきたことが、今回の全員合格の大きな要因になったと思います。

このように、4人とも志望が早くから都立高校に決まっていたので、中学3年間の学習が終了した後は、都立受験に特化した授業を行いました。具体的には、12月下旬から始まる冬期講習前に3年間の学習をほぼ終了し、冬期講習中は3年間の復習を兼ねた都立高対策の問題集を解き、講習後は2月下旬の入試直前まで過去問や予想問題をひたすら解くようにしました。また、その間に可能な限り外部の模擬テストも受験しました。

●推薦入試の経験は将来必ず役に立つ

また、2人の生徒は1月下旬の都立高校推薦入試も受験しましたが、残念ながら2人とも合格できませんでした。当塾は学力試験対策だけでなく、推薦入試に対しても、生徒に可能な限りアドバイスとサポートをしましたが、推薦入試は内申の比重が50%と大きく、さらに2日間の推薦試験で行われる作文または小論文、集団討論、個人面接は、中学生にはまだ慣れない内容が多く、合格率が約4人に1人と言われるほど難しいため、この結果はやむを得ないと思います。

しかし、推薦入試にはたとえ合格できなくても、作文・小論文の勉強、面接の練習、自己PRカードの作成、そして実際に面接試験を受けた経験は、近い将来、これと似たようなことをする大学の推薦入試や就職活動をする時に必ず役に立つはずです。

●各生徒の結果と評価

以下に今年度の主な生徒の結果と評価を記します。

①M.T.君。都立武蔵丘高校合格。受験倍率1.67倍。

中学3年間当塾に通いました。数学と理科が得意で、合格した武蔵丘高校は「理数研究校」を方針にしており、彼の適正にピッタリ合っていました。素直で温厚で真面目、一見おとなしいけれど意志がはっきりしていて、褒めると伸びるタイプでした。

中1の頃は勉強に対するモチベーションがあまり高くなかったのですが、中2になってから得意な数学で学年トップを目指し、在学中に定期テストで100点を取ることを目標にし、彼なら絶対できると信じ、励ましてから勉強に力を入れるようになりました。無料の補習授業にも積極的に来るようになり、勉強量が増えた結果、定期テストで数学と理科の両方とも今まで取れなかった90点以上を取れるようになりました。入試直前には日曜日も1人だけ塾に来て、苦手な英語を一生懸命勉強し、最後まで頑張っていた姿が強く印象に残っています。

これからも得意な理数系科目の勉強に力を入れ、専門知識を深め、将来、技術者になるという夢を実現してほしいと思います。

②O.K.さん。都立井草高校合格。受験倍率1.50倍。

中学2年生の2学期から通塾。非常に真面目で私語はほとんどせず、いつも落ち着いていて静かでしたが、内面はとても芯が強く、何事にも熱心に取り組み、コツコツ頑張る努力家でした。英語と社会が大変得意で、副教科(実技4教科)もいつも良い成績でした。おそらく、学習態度が良いことも学校で評価されていたのだと思います。

数学は少し苦手意識がありましたが、補習授業に全て参加し、過去問を必死で解いて頑張り、見事に井草高校に合格しました。中学校では運動部の部長も務めていただけあって、体力と精神力の強さも受験にプラスに作用しました。

井草高校は英語の少人数制授業を行い、国際理解教育に力を入れており、将来は得意で興味のある英語を生かした仕事に就くことを目標にしている彼女にとって、最もふさわしい高校に合格できたと思います。今後、更に語学力に磨きをかけ、目標を実現できることをお祈りしています。

③N.T.さん。都立農業高校服飾科合格。受験倍率1.60倍。

中学3年生になる前の春期講習から通塾。主要教科の成績は普通でしたが、美術の才能があり、デザインの勉強ができる高校への進学を希望していました。受験した都立農業高校の服飾科はチャレンジでしたが、無事に合格しました。正直、合格の可能性は五分五分だと思っていたので、本当に良かったです。穏やかでマイペースなタイプでしたが、自分で単語帳やノートを工夫して作成し頑張りました。高校で好きなデザインの勉強を存分にして、才能を伸ばしてほしいと思います。

④K.R.君。都立井草高校合格。受験倍率1.54倍。

中2の2学期から通塾。はじめは全く普通の成績(英・数・国3くらい)でしたが、中3の夏位から自分の勉強法をつかんだようで成績が急上昇。見事第一志望の都立井草高校に合格しました。1年の時からきちんと勉強していれば西高とは言わないまでも、もう2ランク上の学校に行けたのではないかと思います。入試直前の1月に塾に来なくなってしまいましたが、このあたりが彼の弱点で、次の大学入試ではその弱点を克服して臨んでもらいたいと思っています。

●まとめ

今年度の受験を振り返ると、都立高校の人気は依然として高く(調査では公立の中学生の約7割が都立高校に進学)、その要因として、①都立高校はそれぞれ様々な特徴があり、選択肢が豊富で、自分の得意分野を生かせる高校を選びやすい。②授業料が無償で学費がほとんどかからない。③土曜授業や予備校講師による講習を実施し、進学対策に力を入れている学校が多い。④設備の改善。など、教育環境が充実しており、生徒にも親にも魅力があることが挙げられます。今後も都立志望は続いて行くと思います。

また、都立受験、私立受験を問わず、志望校はできるだけ早く決めた方が目標意識が高まり、必要な勉強に集中できて有利になります。本多セミナーは、今年度も希望の高校に全員合格できるように、生徒一人一人にきめ細かく熱意を持って指導し、最後まで全力で受験勉強をサポートします。

以上です。


本多セミナーはこれから入塾する都立志望の中3生を待っています。本多セミナーは1年間の高校受験請負います。