荻窪にある学習塾本多セミナー TEL:03-3398-8330

2019年高校入試結果

”サクラサク"

*都立-西高、武蔵高、豊多摩高、石神井高、武蔵丘高、杉並高、杉並総合高他、
*私立-栄東高、錦城高、文化学園杉並高(特進)、聖徳学園高、杉並学院高、東亜学園高、国士館高、大成高、東京立正高他

受験生 12中10名第一志望合格

2018年度の高校入試結果は以下の通りです。
本年度は昨年同様、大多数の方が都立第一志望で、3月1日の合格発表まで待たなければなりませんでしたが、Ⅴ模擬の結果から、1.2名の方を除いて、今年はある程度いけるだろうと安心しておりました。
ところが、3月1日の日は、午前中S.O君(都立西高校合格)、午後にK.Nさん(都立武蔵丘高校)に合格の連絡を受けただけで、その後、ぷっつり連絡がなくなってしまいました。
そして、3月4日になって、3名の合格の報告を受け、やっとほっとしたところです。(受験生の家庭に、こちらから合否の問い合わせはしにくいこともあり、今まで一度もしたことがないのです。)
結果として、受験生12名中、10名が第一志望校合格で、いつもの年よりよい結果となりました。
そのようなわけで、総評はしばらく経ってから書くことにします。
ああ、しんどかった!!
でも、みんな本当によく頑張りました。合格おめでとう!!

合格校

S.O.君(A中) 都立西高校 栄東高校
М.K.さん(S中) 都立武蔵高校 錦城高校
Y.M.君(H中) 都立豊多摩高校 文化学園杉並高校(特進)
Y.K.君(S中) 都立武蔵丘高校(推薦)
K.A.君(S中) 東京立正高校(推薦)
S.F.君(H中) 都立杉並高校
K.N.さん(S中) 都立武蔵丘高校 東亜学園高校
K.F.さん(H中) 都立石神井高校 杉並学院高校
I.T.君(S中) 国士館高校(スポーツ推薦)

第一志望に合格しなかった人、公開を希望していない人は記載しておりません。

塾長総評

本年度は、小学生の時から在籍している方を含めて、2年以上通塾している方(6名)と中3になってから入塾した方(5名)と、はっきり分かれました。
中3になってから入塾してきた方も、長く通われている方と較べて、能力的には遜色はなかったのですが(通常、中3、特に夏以降に入塾される方は、成績の悪い方が多いです)、初めて塾で勉強される方が多く、やはり1年間の勉強では(内申の決まる12月時点では8ヶ月の通塾)限界がありました。
皆さん第一希望校の都立に合格しましたが、受験校を一段ランク上げていたら、やはり厳しかったのではないかと思います。
定期テストの点数は上がったのですが、それが中3の2学期の内申に反映されなかったのでした。
やはり、入塾のタイミングは中1の始めからか、少なくとも中2の冬期講習あたりから始めるのがいいと思います。

第一希望校をのがした方は、大変残念だったと思いますが、都立では、内申より2ランク、3ランク上の学校を目指すのは無理があります。(でも、果敢に挑戦した生徒さんに拍手を送りたいです。ナイスチャレンジ!!)

内申が上がらず、12月になって私立受験に切りかえた受験生は、10月の入塾でしたが、内申というものは、中2の3学期、中3の1学期の内申とあまり変わらないものです。夏位から2学期の内申はあまり変わらないと想定して、私立の勉強も並行して行えば、うまくいったのではないかと思われます。

都立西高に合格したS.O君は、うまく塾を利用した好例です。彼は、小6の夏前、本多セミナーの受験科に入塾。中学受験では合格した学校を蹴り、地元の公立中学校に入学し、西高一本を目指しました。
塾では、英語は英文法・英会話クラス、数学は個別で弱点克服、ほぼオール5の成績で、見事都立西高に合格しました。

小6の一般クラスから通塾していた都立武蔵高校に合格したM.Kさん、小6受験科から通塾し、満を持して都立豊多摩高校に合格したY.N君は、小学校からの積み重ねがものをいった受験でした。

本多セミナーでは、春から受験を目指す新中3の入塾を待っています。
初めて塾で勉強する方、転塾を考えている方、何が何でも都立に行きたい方、まじめに勉強する気があれば、だれでもOKです。
今年は春の時点で、いつもの年より人数が少ないですから、たっぷり見ることができます。
本年度は標準・基礎2レベル編成で待っています。

本多セミナーは1年間の高校受験請負います。